手作り猫アクセサリー・猫雑貨の店W-WELL 工房情報

ここではオリジナル猫アクセサリー・猫グッズを作るにあたっての制作過程やイベント情報や作品についての詳細など、CAT GOODS SHOP W-WELLサイト(http://www.w-well.com)で載せきれないものを紹介しています。
更新は基本的に週末まとめてします。
私の作品は皆様からのご意見ご感想によって進化し続けています。どうぞW-WELLワールドにお付き合いください。
作品についての感想や質問は本文下のcommentsからお願いします。
尚、コメントの返事は作業状況によりお時間のかかる場合もありますのでご了承ください。
また、猫の事や自然や生き物に優しい日常を載せたサイト「猫とLOHASな暮らし」はこちら→http://w-well.petit.cc/
<< 肉球占い | main | CAT GOODS SHOP W-WELL MAIL INFO 11月1日号 >>
ヒルズぞく(族)〜〜から動物王国へ
今日は久しぶりにネル君を連れて車で30分の所にある丹沢山系内の宮が瀬湖近くの山へ軽登山に出かけました。

ところが・・・

ネル君と登山口の長い階段を登り、そろそろ尾根に出ようとしていた時、後から来た登山客のことが気になるのかネルがじっとして動かない。道を譲ろうと挨拶をすると、その人がおもむろにこう言った。
「この辺ヒルに気を付けた方がいいですよ」

えっ?ヒル?この時期に?
ヒルはたいがい6月7月の梅雨のジメジメした時期に多く発生すると聞いた。
この地域の山々はヒルが多いことで有名だ。
だが、今は11月近い。当然時期ははずれているし、この山は発生地域から外れていると思っていた。
しかし・・・
「昨日も仲間が隣の山でヒルにやられたらしいよ」
「今年は特に異常発生しているみたいだから一応、猫ちゃんの足下気を付けた方がいいよ」

ヒルがいるとしたら大変だ。その人と別れたあと、少し歩くがなんだか気になる。
まさかと思いながら足下を見る。
ヒルは落ち葉などの下に隠れていて人の気配がすると出てきて靴に付き這い上がって靴下の中に入り込み血を吸う。

いるとしたらこうゆうところなんだけど・・・
一点を見ながら集中するとそのうち目が慣れてきて、ちょっとした動く物が視界に入るようになる。
・・・え!?何か動いている!
視界に入った動くものを見ると落ち葉の上に15ミリ長さ程の細い物体がゆらゆら立っている。
もしや、ヒルっっっっ〜〜???

血相を変えてネルを抱き上げリュックに避難。
そのまま下山した。
途中もう一度足下を目を凝らして見ると、またもやゆらゆらしている物体が!
急な階段で久しぶりの登山だったので降りると膝がガクガク。
自分たちの靴や足、そしてネルの体を確認したが、幸いにもヒルは付いてなかった。

ネル君は何でもう終わりなの?と言いたげそうに窓の外を見つめていた。


このままでは終われない。
次に向かったのは近くの牧場「服部牧場」です。

ここの牧場は自由に開放していて沢山の動物たちと触れ合えます。

ここのジャージー牛の絞り立てミルクやジェラードはとても美味しいです。
今日はアーモンドとラムレーズンのダブルと奮発。

ネル君を連れて暫しお散歩。
ネル君と牧草地

ネル君と羊君


物欲しげに見つめる羊君

・・・それにしてもあれは本当にヒルだったのか。
いつだったか5年以上前、6月のある日、丹沢の麓の整備されたばかりの自然公園にハイキングに行った時に初めてヒルにやられた。(虫がダメな人は流してください)
何か足がチクチクすると思い、裾をめくると何か張り付いている。
これはもしかしてヒルと言う物なのか?
あわてて振り払ったが血が流れた。やっぱり・・・。やられた。
同行していた主人も初めてのヒルにひるんだ。
恐る恐る地面を見下ろすと、整備されたウッドチップの表面に沢山のゆらゆらうごめく物が。
まるで「ムーミン」の「ニョロロ」の様な・・・。うわーーーーっっっ!!!!!
辺り一面ヒル、ヒル、ヒル。
二人で一目散にその場から離れ車に乗って逃げ出したが、靴下をめくるとすでに二人とも10ピキ程のヒルが足にくっついていた。
うぎゃーーーーっっっ!!!!
車を止め、外へ飛び出し一つ一つつまみ出した。
あれ以来そこへは行っていないしヒルにもやられていない。

帰ってからネットで調べるとここ数年、丹沢にはシカが急激に繁殖し、それにともない一部の地域にしかいなかった山ヒルがシカの足に寄生し、広範囲に生息するようになったという。
山の生態系にかなり変わってきているらしい。
そして、ヒルの写真を見たとき、今日見たモノと明らかに違う気がした。

久しぶりにヒルと聞いて恐怖心がよみがえり、動いていたその虫をヒルと勘違いしていたようだ。

これからは良く調べてから行くことにしよう。

山ビル研究会→http://www.tele.co.jp/ui/leech/index.htm
(虫がダメな人は見ない方がいいかも・・・)

| お散歩ネル君 | 23:17 | comments(2) | -
コメント
<4nekomamaさんへ
ご心配おかけしました。
私も今後ネルと野山に出掛けるときは気を付けるようにします。^^;
でも森林浴はやっぱり気持ちいいです。
フィトンチッドを吸い込むと本当に心が安らぎます。
そのせいかネルも自然の中ではのびのびとしています。
フィトンチッドは人間にも動物にも良い物ですものね。
| w-well | 2006/10/31 10:44 PM |
ひる〜ヒルズ族・・・・ゾクぞくZOKU(ヒエーッ)
ごかんべんを!血を吸う、はりつくなんて ギエーッ!
私は長いのは超苦手です。
もう山や野原は歩きたくな〜いです。(ナムサン)でもネル君につかなくて良かったです。本当によかったです。
| 4nekomama | 2006/10/31 8:11 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE