手作り猫アクセサリー・猫雑貨の店W-WELL 工房情報

ここではオリジナル猫アクセサリー・猫グッズを作るにあたっての制作過程やイベント情報や作品についての詳細など、CAT GOODS SHOP W-WELLサイト(http://www.w-well.com)で載せきれないものを紹介しています。
更新は基本的に週末まとめてします。
私の作品は皆様からのご意見ご感想によって進化し続けています。どうぞW-WELLワールドにお付き合いください。
作品についての感想や質問は本文下のcommentsからお願いします。
尚、コメントの返事は作業状況によりお時間のかかる場合もありますのでご了承ください。
また、猫の事や自然や生き物に優しい日常を載せたサイト「猫とLOHASな暮らし」はこちら→http://w-well.petit.cc/
<< 里親様からのお写真 | main | 芸術の秋と食欲の秋と >>
E molto buono!
今から丁度1年前初めてイタリアに行った時食べたティラミスが今でも忘れられません。
それまでこちらで食べていたそれはティラミスだったのか、美味しいところを知らなかったのもありましたが、もっとしつこいものでした。
その後、日本でイタリアンレストランでティラミスを食べましたが、やはり今ひとつ何かが違う・・・。素材なのか・・・。
いつか自分で作ってみたい、そう思ってました。
そして、先週ある本を図書館で見つけて、この忙しい時期に近くのコストコでイタリア産のマスカルポーネチーズとイリーのエスプレッソを(他の店より安い)、
カルディでフィンガービスケットを買い、早速作ってみました。
久しく使ってなかったエスプレッソマシーン。すっかり使い方も忘れマニュアルを見ながらエスプレッソを入れる。
20センチの底が平らの深皿に作った生地とエスプレッソを染みこませたビスケットを交互に乗せて冷やす。オーブンを使わないドルチェ。
冷蔵庫で寝かしたあと大きいスプーンでざっくりすくってお皿に落とし、ココアを振る。
出来上がりました!

恐る恐る食べてみる・・・
・・・!!!
これだ!同じ味です。とてもあっさりしてクリーミー。甘すぎず、エスプレッソの苦みが大人のドルチェの様。いくらでも食べられます。
イタリアで食べたティラミスと同じ味に出会えた事も嬉しいですが、私でも作れた事が何より嬉しいです。
本を読むと、イタリアのお菓子はいたってシンプルで、昔からその土地土地の家庭の中で作られていたものですから素朴なものばかりです。豪華なデコレーションの必要もない、とっても私向き。
早速アマゾンで中古書を注文。(10年前の出版物なので本屋で探しましたがありませんでした)
次は何を作ろうかしら・・・ってそんなヒマはないです。


アッシジの街角にあったイタリア食材のお店のウィンドウディスプレイ。
| イタリアかぶれ | 23:06 | comments(2) | -
コメント
<misaさんへ
サンマルコ広場には行きましたが、何分、分刻みのツアーでしたので残念ながら行ってません。
でも、いつか必ず行ってみようと思います!
| w-well | 2006/10/31 10:20 PM |
白井さま、

私の大好きなティラミスは、ベニスのサンマルコ広場にあるカフェ・フローリアンのものです。とても軽い口当たりでした。こちらのティラミスは世界で一番おいしいと思うのですが。。。白井さま、召し上がったことありますか?
Ciao,m.
| misa | 2006/10/30 1:59 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE