手作り猫アクセサリー・猫雑貨の店W-WELL 工房情報

ここではオリジナル猫アクセサリー・猫グッズを作るにあたっての制作過程やイベント情報や作品についての詳細など、CAT GOODS SHOP W-WELLサイト(http://www.w-well.com)で載せきれないものを紹介しています。
更新は基本的に週末まとめてします。
私の作品は皆様からのご意見ご感想によって進化し続けています。どうぞW-WELLワールドにお付き合いください。
作品についての感想や質問は本文下のcommentsからお願いします。
尚、コメントの返事は作業状況によりお時間のかかる場合もありますのでご了承ください。
また、猫の事や自然や生き物に優しい日常を載せたサイト「猫とLOHASな暮らし」はこちら→http://w-well.petit.cc/
<< ガラスの世界(息抜き編) | main | ガラスの世界6 >>
今日もお散歩

いきなりお花畑をバックにお鼻をヒクヒクしているネル君の写真から。

今日もまたネル君を連れてここ富士山の麓、山中湖の方まで来ました。
山中湖は家から裏道を通って約2時間ということもあってちょっと足をのばしたいときに来ます。

先日は思わぬ雷雨でお散歩もそこそこに帰ってきてしまいましたので今日はペットOKの場所を探しながらまわってみました。

初め行ったのは山中湖から河口湖へ行く途中にある忍野八海
霊峰富士の地下から湧き出る八つの池は、奥底まで見通せる程の透明度があります。
お店にはペットは入れませんがお池巡りは出来ます。
しかし、今日はお盆休みということもあってか以前来たときより、観光地っぽくて人が多い。あまりのんびりは出来ません。

そして、そこから少し山中湖方面に戻ったところに花が沢山咲き乱れている公園「山中湖花の都公園」に行きました。

前回来たときはまだオープンしてませんでしたので、今回ネットで調べてからきました。
もちろんペットOKです。駐車料金は1日300円。


施設敷地横には様々な広大なお花畑が広がっています。



本来ならお花畑の後ろには富士山が見えるはずですが、今日は雲に隠れてて見えませんでした。

リュックに入っていたネル君も先ほどの人混みの時とは違い、うずうずしてきたようで自ら降りて歩き始めました。


暫く歩いてようやく園内に。入場料は500円。
http://www.benifuji.co.jp/seiryu/park.html
園内は結構人が多いのでネル君はリュックで移動。
途中高台のベンチでお昼タイム。
すると、いつの間にか周りには多くの人が集まってきました。
何かあるのかと思っていると、目の前の人工滝の水がいきなり増えて白糸の滝が大滝に様変わりしました。

思わず近くまで行ってマイナスイオンを浴びさせていただきました。

園内も結構広い。ネル君をリュックに担いでいた主人もさすがにしんどそう。
なんたって8キロです。
そうだ、カートにしてみよう。
このリュックはタイヤが付いていて取っ手がのび、引くことが出来ます。
試しにやってみました。

ぷぷっ!ネル君まんざらでも無い様子。
暫く黙って引かれていましたが、自分で歩きたくなったみたいで飛び出してしまいました。

途中ベンチで休憩。ちょっと彼らを置いて買い物から戻ると、ネル君の周りに人だかり。いかにも猫好きさんらしい御一行です。
暫し猫談義。猫自慢大会。

さて、お花畑を後にして次に向かったのは山中湖湖畔にひっそりたたずむ「文学の森公園
駐車場は無料でした。
三島由紀夫文学館の周りにこんな広い散歩道があるとは知りませんでした。
しかも、随分年月が経っているようで石畳の道には苔の絨毯が敷き詰めてあり、ネル君も歩きやすそうです。
人気もあまりなく、散歩にはとてもいい雰囲気です。
文学の道を歩くネル君

まだ紫陽花が満開です。


途中小川も流れています。


何か一句浮かびましたでしょうか・・・
三島由紀夫文学館と。

ここの散歩が一番気に入ったようです。
時折シッポを立ててスキップしながら散歩してました。

ここは猫には最高な場所かも知れません。
| お散歩ネル君 | 23:43 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE