手作り猫アクセサリー・猫雑貨の店W-WELL 工房情報

ここではオリジナル猫アクセサリー・猫グッズを作るにあたっての制作過程やイベント情報や作品についての詳細など、CAT GOODS SHOP W-WELLサイト(http://www.w-well.com)で載せきれないものを紹介しています。
更新は基本的に週末まとめてします。
私の作品は皆様からのご意見ご感想によって進化し続けています。どうぞW-WELLワールドにお付き合いください。
作品についての感想や質問は本文下のcommentsからお願いします。
尚、コメントの返事は作業状況によりお時間のかかる場合もありますのでご了承ください。
また、猫の事や自然や生き物に優しい日常を載せたサイト「猫とLOHASな暮らし」はこちら→http://w-well.petit.cc/
<< ここどこ?コストコ | main | おめでとうございます! >>
誰の手形?

まるでハリウッドのスター手形の様な二つの足跡。
ピキ(左)とネル(右)の手形です。
この手形は玄関を上がってすぐ脇にあります。
日付は2005.12.30 つまり今日です。
今日は朝から玄関と廊下の壁に珪藻土を塗る作業をしていました。

珪藻土は随分前から塗りたいと思ってましたが今年は本当に忙しく、準備や手間を考えるとなかなか手が付けられませんでした。
それが、今年年末ようやく一段落し、着手することに。
珪藻土が注目され出した当初はまだ種類も少なくて、価格も割高。
最近は種類も増えて扱いやすくなってきたようです。
今回使用した珪藻土(けいそうくん)は壁クロスの上から直接塗れるもの。
粘りもあるのでこぼすことが殆どなかった。
当初道具も揃えなければならないと思いましたが、一斗缶の代わりにお煎餅の空き缶、パレットはそれのフタ。かくはん機の代わりに泡立て器とハンドミキサー、コテの代わりにヘラとパレットナイフと家にあるもので代用。
いっぺんに沢山作ろうと思うと力もいるし、だまになるので少しづつ作って一面づつ塗っていった方が楽だし、途中で切り上げても、続きの面から始めればいい。
綺麗に塗れなくても自然に出来る塗り跡がそれなりの雰囲気を作ってくれます。乾いてからも上から修正が出来るので思い切って塗れるのです。

そして、本日の作業の締めくくりに猫達の手形を入れたのです。
(心なしかピキよりネルの方が手形が大きいことにこの時初めて気が付きました。)
| 猫日記 | 22:39 | comments(2) | -
コメント
>やわさんへ
初めまして。コメントありがとうございます。
こちらのブログには時々チェックしに来ています。
やわさんも珪藻土チャレンジするのですか?
ケイソウくんを塗ってそろそろ4年経ちますが、ひび割れもなく快適です。
ただ、もう少しケチらないで厚く塗れば良かったかなって思います。
良く見ると下地のクロスの織り目が少し浮き出ているのです。
しかし、見た感じは気にならないのでそのままにしています。

施工についてですが、ケイソウくんサイトhttp://www.keisoukun.com/を見ると
今は混ぜる手間が無い塗り置きタイプがあるのですね。
自分で混ぜて塗るときはとにかくダマに気を付けました。
その為にはやはりハンドミキサーが重宝します。
練り加減は塗り加減にも影響します。
最初は目に付かない所で練習してからやられた方がいいかもしれません。
がんばってください。
| w-well | 2009/09/19 9:56 PM |
初めまして。
ブログを引っ越しされてるのでコメントに気が付かれるかは分りませんが。コメントを残させて頂きます。

ちょうど、珪藻土をDIYで挑戦しようか迷いつつ検索して情報を収集してるところで立ち寄りました。

まさに、けいそうくん&クロスの上に施工を思ってる当方にはホームラン級の当たりです。

2005年にされてるみたいですが、クロスの上塗りのその後はどのような感じでしょうか?

それと施工は難しかったですか?
何分にもDIYもほぼ皆無なのに思い立とうとしてますから(^-^;
| やわ | 2009/09/15 2:36 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE