手作り猫アクセサリー・猫雑貨の店W-WELL 工房情報

ここではオリジナル猫アクセサリー・猫グッズを作るにあたっての制作過程やイベント情報や作品についての詳細など、CAT GOODS SHOP W-WELLサイト(http://www.w-well.com)で載せきれないものを紹介しています。
更新は基本的に週末まとめてします。
私の作品は皆様からのご意見ご感想によって進化し続けています。どうぞW-WELLワールドにお付き合いください。
作品についての感想や質問は本文下のcommentsからお願いします。
尚、コメントの返事は作業状況によりお時間のかかる場合もありますのでご了承ください。
また、猫の事や自然や生き物に優しい日常を載せたサイト「猫とLOHASな暮らし」はこちら→http://w-well.petit.cc/
田子美紀 ガラス展IN相模原
本日からギャルリーとんぼ玉 相模原にてガラス作家田子美紀さんの展示会が始まりました。

昨年初めて田子さんの作品に出逢い、ワークショップへ行ったり無理をお願いして工房でステンドガラスを教えて頂きました。
田子さんの大胆で優しい色遣いはとても存在感があります。
工房でサンドブラスト、ステンドガラスを体験してあらためてガラスの価値を知ったのです。
初日に早速行って来ました。
あいにく田子さんは風邪をひかれたらしくお休みでしたが、作品はいたって元気。
早速写真一番手前の作品を予約。
早く工房に置きたいです。

Glass Delight〜暮らしの中の小さな喜び
田子美紀 ガラス展

11/18(火)〜29(土)
アンティーク ギャルリーとんぼ玉 相模原
am11:00〜pm6:00

〒229−1122
神奈川県相模原市横山4−21−3
Tel/Fax  042−796−5389

車 東名高速道・横浜町田ICから30分〜50分
JR相模線上溝駅から徒歩8分
JR 横浜線相模原駅からバス「市営プール前」下車徒歩5分 「横山団地」下車徒歩7分
| 地元ネタ相模原市 | 23:24 | comments(1) | -
第37回相模原納秋花火大会
今夜は地元相模川流域にて花火大会が開催されました。
本来は毎年夏に行われるのですが、ゲリラ雷雨が続き川が増水した為中止となりましたが、その後地元の消防団や警察、市民の働きかけがあってこの秋に改めて開催されることになりました。
今回も家から会場まで自転車で移動。今年は防寒対策をして行きました。
ちょうど今日、木枯らし1号が吹いたとか。いよいよ秋本番です。

いつも見る場所は相模川の土手の斜面。
打ち上げ場所とはこんなに近いのです。

夏の花火もいいですが、空気の澄んだこの季節はとても色が綺麗で
しだれ花火の残り火がまるで空から星くずが落ちてくるようです。

すると、花火の残り火とは明らかに違う光の線が花火の脇を横切った。
あれ?もしかして・・・?
隣で見ていた主人も気が付いた。
すると、後ろで「あ、今流れ星見なかった?」
やっぱりそうだ!
周りでも何人か見たようだ。
久しぶりに見た。
忙しい合間に見に来て良かった。
最後にすばらしい秋の花火を動画でご覧下さい。
ただし、カメラが近すぎるため全体が見づらいところはご勘弁を。

| 地元ネタ相模原市 | 22:23 | comments(2) | -
万豚記(ワンツーチ)
先日工房の帰りに立ち寄ったお店で夕飯を一緒に食べる事になり、近所のお店のオーナーさんも誘って食べに行ったお店が相模原リバティ通り沿いにある「万豚記(ワンツーチ)」というお店。
あとで調べるとチェーン店のようだ。
ここのチャーハンはあんかけゴハン風でお勧めらしい。
量が多いらしく、2皿を3人でシェアしながら食べ、棒餃子、焼き餃子、棒々鶏、最後に自家製杏仁豆腐を頼み、お腹が一杯になって一人1300円。沢山食べた割に手頃な価格。
店内は中国語が飛び交っている。

ここはかなり前からあるのは知っていたが入ったのは今回初めて。
美味しいと噂ではあったが、駐車場が無く、食べに行く機会がなかった。
でも実は、この裏に相模原市民会館の駐車場があって、現在夜間は無料開放しているらしい。
夜この辺を歩くと路地には結構料理店がある。市役所の近くだからなのでしょう。
工房からも自転車で5分程の所にあります。

その3日後、今度は相方を誘ってまたここへ来ました。
今日は「豚バラ青菜炒飯」です。

豚バラとは自家製チャーシューの事でこちらも美味しかった。
これがお店の一番人気らしい。
相方は担々麺と棒餃子。これらをシェアしましたがこれでお腹が一杯になって、先日食べて絶品だった杏仁豆腐が食べられませんでした。(結構しっかりした食感でボリュームもありました。)
中華はやっぱり3人以上で行くのがいいです。


食べログサイト→http://r.tabelog.com/kanagawa/rstdtl/14001589/

また、今月12日の日曜日にこのお店の前の通り(リバティ通り)で「第16回相模ねぶたカーニバル」が開催されます。イベント詳細→http://www.e-sagamihara.com/event_sagaminebuta.html
| 地元ネタ相模原市 | 23:21 | comments(0) | -
イタリアンレストラン キャナリーロウ
相模原市橋本駅から車で5分程の所にあるイタリアンレストラン「キャナリー・ロウ」

この日は近所の友人達6人が久しぶりに集まりランチをした。
相模原に越して15年、彼女達とはもう10年以上のつき合い。スポーツクラブで知り合った。
以前はよくみんなでスキーや旅行に行ったりしていたが、子供が生まれたり、仕事や、病気、別れ、皆それぞれ忙しい日々を送っています。みんな立場が違いますが、彼女たちの歴史を知っているからこそあえて何も言わなくても通じるものがあります。
そして暫く振りに6人揃ってランチをしました。
以前と変わらない子供の様なはしゃぎ様が日頃の疲れを癒します。

ここ、「キャナリー・ロウ」はそんなファミリーと大切な時間を過ごせる本格イタリアンレストランです。


ここでは大人数で行ってみんなでシェアした方が色々楽しめます。
ただし、平日でも大変混雑しています。ランチは開店と同時に行かれた方がいいです。


キャナリー・ロウ 八王子店サイト→http://www.progress.gr.jp/hatiouji%20open/hatiouji%20open.html
食べログサイト→http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13033169/
| 地元ネタ相模原市 | 23:50 | comments(0) | -
いよいよ夏到来・・・
今週から夏休みに入り、梅雨明けもされ毎日暑い日が続いています。
工房もさすがにこの暑さで室温上昇。扇風機、打ち水とあの手この手でエコ対策しております。

今週から地元商店街に提灯が飾られました。

今週末いよいよ神奈川県北最大の祭り、「上溝夏祭り」が行われます。
部屋の真下にある道路も歩行者天国になり、土、日の2日間この前を山車と御輿が練り歩きます。
ここに住み始めて15年。毎年この夏祭りが近づくにつれ、町が活気づき、江戸末期からの伝統が受け継がれているこのお祭りを誇りに感じずにいられないのです。



| 地元ネタ相模原市 | 09:49 | comments(0) | -
ピットイン
先週末用事があって自転車を工房に置いてきてました。
週明けの昨日、運動の為にとバスに乗らず歩いて工房まで行き(片道25分)、作業を終えて自転車に乗ったら後ろのタイヤがペッタンコになっていました。
なんでそうなったのか分からないまま、すぐ近くの自転車屋に自転車を押して行くともう閉まっていました。
すでに夜7時半過ぎていました。
仕方が無く、自転車を押して家まで帰ることに。
しかし、車輪がタイヤをこする音がするのでこのままだとチューブがダメになると思い、後ろを少し持ち上げながら押していく。
帰るまでに2件自転車屋の前を通るが2件とも閉まっていた。
途中雨が降り出し、傘を差しながら30分かけて家路に。
早速タイヤに空気を入れてみると空気注入口を締めてもそこから空気が漏れる音がし、タイヤの空気がすぐに抜けてしまった。
自転車が無いと通勤に困る。
一夜明けた今日、以前直しに行ったことのある、この辺で一番大きい自転車屋へ主人に仕事中にもかかわらず車を出して貰い、自転車を乗せて行ってくれました。
ネットで地図を見ると実は工房の近くにありました。


続きを読む >>
| 地元ネタ相模原市 | 21:00 | comments(2) | -
名品の数々2
町田にある市立博物館で開催されていた「館蔵ガラス名品展」に行った帰りに工房の近くにあるお店に立ち寄った。
以前から気になっていました。ある人からそこへ行けば面白いモノが沢山あるよ。そこには壊れた機械を直したくてうずうずしているおじさんがいるからと教えてくれたのです。
入口は大きな鉢にメダカや金魚や水草が沢山並んでいます。
あれ?メダカ屋?
鬱蒼とした店頭に一瞬躊躇したが思い切って扉を開いた。

中はすごいことになっている。
床から天井まで色々な道具が並んでいる。ぶら下がっている。

が、誰もいない。
続きを読む >>
| 地元ネタ相模原市 | 23:30 | comments(0) | -
名品の数々1
午後、仕事の合間に工房を抜け出し、友人に誘われ車で工房から20分程の所にある隣街の町田市立博物館に行ってきました。

ここは鶴川街道から脇へ入り、急な細い坂を上りきった所に突如あらわれた博物館で
隣には本町田遺跡公園というものがありました。
あとで調べてみると、ここは昭和42年に、日本住宅公団「藤の台団地」建設に伴う造成工事中に縄文・弥生期の遺跡群が発見され、それ以降当時の住宅を復元、公園として今に至っているそう。
また、博物館はその時の資料館として設立され、現在は無料で幅広い美術工芸品の企画展示をしているそうです。


透明なガラスに細かいグラヴュール(彫刻)やエナメル彩を施したボヘミアガラスと翡翠などの玉石を模した不透明ガラスを基本に下地のガラスの上に色ガラスを被せたものに直角に掘り、下地を出し模様を作るカメオ技法はエミール・ガレやドームを始めとするフランスのアール・ヌーヴォーのガラス作家に影響を与えたそうです。

また、嗅ぎ煙草を入れる鼻煙壺は香水瓶の様に可愛くて欲しくなる程でした。
これもまた後のアールデコに影響を与えたというのは、ヨーロッパ美術が東洋美術の影響を多く取り込まれている事に改めて気付かされました。

この相反するガラスの名品の数々が無料で見られたのはとても良かったです。
『館蔵 ガラス名品』展 は7月13日まで開催しているそうです。
詳細はこちらから→http://www.city.machida.tokyo.jp/event/shisetsubetsu/museum/kikakuten/index.html
| 地元ネタ相模原市 | 23:12 | comments(0) | -
異空間 鳥忠さがみの亭

いきなりここはどこ?高級料亭?
2階の一室に入ると広い和室。

等身大の甲冑や西郷隆盛や伊藤博文など明治維新に活躍した人達の写真に金屏風に・・・
ここは昭和、明治?
タイムスリップした感じです。

ここはJR相模原駅前通りにある「鳥忠さがみの亭」です。
工房に越して出来た飲み仲間に誘われて行ったのですが、ここは半世紀の歴史がある老舗のお店なんだそう。
15年ここに住んでいましたが前を通るも、入ったことはありませんでした。
「ここの鳥の唐揚げが美味しいのよ〜」
平日の7時前にもかかわらず、入るともう1階は満席。
そうか、駅前なので会社帰りの人達が立ち寄るんですね。
「相部屋でよろしいですか〜?」と定員さん。
相部屋かう〜ん仕方がない。言われるままに2階へ通されてこの光景。
相部屋とは大広間のことでした。
もう周りの雰囲気に圧倒されて、注文は人任せ。
ここへ来たらみんな必ず注文するという鳥の唐揚げが出てきて驚いた。

骨付きのももの唐揚げでした。
食べると衣がサクサクと軽くとても美味しいのです。
他にも鳥刺しのにぎりや壺で蒸した特大茶碗蒸し、出汁巻き卵などどれも量が凄い。
3人で行ったのが良かった。
いろいろ種類が頼めます。
最後に先ほどの骨付きの唐揚げをお土産用で追加注文して、飲んで食べても一人当たり2800円程。
安い・・・。

お問い合わせ042-756-0990
| 地元ネタ相模原市 | 23:24 | comments(0) | -
アメリカンレストラン「Demode」

工房から自転車で10分かからない所に「Demode」というレストランがあります。

広い店内は天井が高く開放感があってとても居心地が良い空間です。

メニューはアメリカンスタイルでロコモコやハンバーグステーキがお勧め。
デザートも美味しいのですが、ご飯の量が多いのでいつも諦めてしまいます。
夜はバーに変わってバーカウンターで色々なお酒が飲めます。

住所 〒229-0039 神奈川県相模原市中央1-10-14
お問い合わせ TEL 042-758-6669 FAX 042-758-6669
営業時間
日/11:30 - 23:00
月 - 金・祝前日/11:30 - 24:00
土/11:30 - 26:00

<工房周辺地図>
大きな地図で見る

| 地元ネタ相模原市 | 09:47 | comments(0) | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE